SSブログ

心療内科の本質

ある先生の話

高血圧で内科にかかっている患者さんが
心療内科に紹介されたきた
薬をもらっても眠れないという。
話を聞いて、ストレス要因について整理した。
心理療法の後、
偶然ジェネリック薬に切り替えていたので、
同じ薬でいいから、ジェネリック薬を出しますと説明。

患者さんは、内科に血圧の薬をもらいに行ったときに、
紹介してもらってありがとうございます、
おかげさまで眠れるようになりましたと感謝した。
お医者さんは薬を見て、
これは同じ薬なんだよ、
同じ薬で眠れたり眠れなかったりするなんて、
いわしの頭も信心からって言うからな、
眠れるはずだったのに、
と言って患者さんに少し当たったらしい。

この話をさらに患者さんに聞いて、
その先生は考えた。
半分は、うれしい。心理療法がやはり効いているのだから。
半分は、悲しい。内科の先生は、よかったね、眠れるようになって、
と言えばそれだけでよかったはずだ。
どうせ同じ薬だなどという必要があるだろうか。
患者さんの利益になるだろうか。
そんなことをお医者さんに言わせたのは、
わたしも親切じゃなかったということか。

*****
とりあえずこの話から分かることは、
同じ薬をもらっても、
誰から、どのような説明で、どのような態度でもらうかによって、
効き目が全然違うことだ。
そして患者さんにとっての、薬の意味が違ってくる。

よい説明のあとでは、薬を飲むたびに、
その説明を思いだし、あの先生がわたしにはついていてくれると感じることになる。

このようなエピソードを先輩の先生から聞くと、
たしかに心理療法は効いているし、大切なのだと思う。



共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます