SSブログ

弱いところに症状が出る

いつも決まった弱いところに症状は出る
体力と気力が衰えたとき
たとえばヘルペス、じん麻疹、
また下痢、胃痛、頭痛、肩こり、腰痛、
うつ、幻聴、
大体同じ場所に同じ症状が出ることも多い。

一方で、逍遥すると言われるように、
出る場所が次々に浮動する場合もある。

つらくなった時に同じ行動をする人も多い。
つらい時に限ってパチンコで大金をなくしたり。
つらい時に限って結婚してもっとつらくなったり。
人は繰り返すのである。

繰り返しているうちにますますくり返しやすくなる。
履歴現象であり、キンドリングであり、アルコール症も、リストカットも、過食嘔吐も、そうである。
以外に少ない行動レパートリーを何回か繰り返して、人生は終わる。
実際に終わる。

終わってみて、単純なからくりだったなあと思う。
これから本気で生きようと思ったのにと思ったりしている。

終わらないうちに古典を読みたい。
凡人の限界山内教授のうつのお話-1 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。