SSブログ

脳が脳を診る 脳が心臓を診る

脳が脳を診察して治療することは
脳が心臓を診察して治療することとは
根本的な違いがある。
一方で根本的な共通点もある。

根本的な共通点としては、科学一般の営みであり、
脳は、他人の脳をひとつの客観的な物質系として取り扱う。

脳と心臓との
根本的な違いは、
お互いに脳だということだ。
対象としての脳と同じ原理が診察者の脳にも働いている。

コンピュータ二台を
ケーブルで結合したような状態であり、
脳が心臓を診る場合とは根本的に異なる。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。